口コミで分かる良質な植毛クリニック

植毛クリニックの口コミを徹底検証  » 自毛植毛の基礎知識 » 日本皮膚科学会による評価

日本皮膚科学会による評価

約1,260万人の日本人男性が症状を抱え、うち約800万人が悩んでいるとされているAGA。
そんな男性陣にとって見逃せない情報が、2010年4月に発表されました。日本皮膚科学会がまとめた「男性型脱毛症の診療指針」というものです。
これは、市場にあふれている薄毛対策商品やサービスを、ランク付けして評価しています。

巷では、科学的根拠が乏しい商品やサービスが横行し、健康被害や金銭トラブルも多発している現実があります。
そんな状況を改善するため、東京医科大の坪井良治教授を委員長とする10人の専門医によって、本指針が作成されたそうです。このことからも信憑性はかなり高いと思われます。

自毛植毛は「勧められる」に分類

この指針では、薄毛関連の製品やサービスを次の5段階に分類しています。

  • 強く勧められる=A
  • 勧められる=B
  • 考慮してもよいが、十分な根拠がない=C1
  • 根拠がないので勧められない=C2
  • 行わないよう勧められる=D

気になる自毛植毛の評価は「勧められる=B」として分類されています。
「強く勧められる=A」ではないのが少し気になるところですね。その理由は「十分な経験と技術をもつ施術者が行う場合」という条件がついているためと思われます。
逆に言えば、豊富な実績を持ち信頼できるクリニックに依頼すれば、実質はA評価と考えていいのではないかと思います。

ちなみに、A評価とされたのは、飲み薬の「プロペシア」(成分名フィナステリド)と塗り薬の「リアップ」(成分名ミノキシジル)のみとなっています。
逆に、これら以外の育毛剤や発毛促進剤でAやBに分類されたものはありません。大手製薬メーカーが手掛ける知名度の高い製品でも、多くがC1やC2に分類されています。人工毛植毛にいたっては、感染症や拒絶反応などの報告が多く「行わないよう勧められる=D」と判定されています。

治療の最終手段としても自毛植毛を推奨

本指針では、AGA治療の推奨手順も示されています。
それによれば、A分類のリアップとプロペシアを1年間使用して、それでも効果が出ない場合は自毛植毛を受けるべきと提言されています。
なお、軽症の場合は、前段階としてC1分類の育毛剤を使う選択肢も記載されています。

いずれにせよ、最終手段として自毛植毛が紹介されている点は注目に値します。
後頭部の毛根を移植する自毛植毛は、専門家からも効果的な手法として認められたと言っていいのではないでしょうか。

 
評判の植毛クリニック口コミ集