口コミで分かる良質な植毛クリニック

植毛クリニックの口コミを徹底検証  » 薄毛・脱毛の原因とケア方法 » AGAとは何か

AGAとは何か

AGA(エージーエー)とは「男性型脱毛症」を意味する言葉です。
英語の“Androgenetic Alopecia”を略したもので、より正確に訳すと「男性ホルモン型脱毛症」となります。思春期以降の成人男性に見られる、髪の毛が薄くなっていく症状を指します。

ある調査によれば、AGAは日本全国で約1,260万人いるという数字が出ています。
このうち、AGAに悩んだり気にかけている人は約800万人。実際に何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。

別の調査では、軽度の人も含め成人男性の30%に症状が出ているというデータもあります。
いずれにせよ、決して少なくない数の成人男性がAGAの悩みを抱えているのです。

特徴は生え際と頭頂部からの進行

AGAには、薄毛の進行の仕方に特徴があります。
それは、「おでこの生え際がM字型に後退していく」、「つむじの周辺の頭頂部が薄くなっていく」というパターンです。
人によって個人差はあるものの「生え際から」「頭頂部から」、あるいは双方が同時進行していくというケースが大半を占めています。

また、AGAは進行性の性質があり、何もせず放っておくと、髪の毛の数は減り続けるケースが多いとのことです。

ちなみに女性にも“Female AGA”という薄毛の症状がありますが、男性のものとは異なります。
男性は「生え際」と「頭頂部」から薄くなっていくのに対し、女性の場合は生え際のラインは変わらず、その代わり毛髪全体が細くなるという傾向があります。
また、女性の場合、完全に毛髪が抜け落ちてしまうケースは稀だそうです。

AGA発症のしくみと原因

薄毛となるしくみは簡単に言えば、「髪の発育環境の悪化」ということになります。
そもそも髪の毛には寿命があり、伸びて抜けてまた新しく生えてということを繰り返しています。
これをヘアサイクルと呼びます。薄毛の進行している状態とは、このヘアサイクルが通常より短くなってしまうことです。髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまい、細い短い髪の毛が多くなり、その結果として薄毛が目立つようになるのです。

AGAの原因は、遺伝的なものや環境的なものも考えられていますが、未だ完全に解明はされていないそうです。
ただ、大きな原因の1つとして、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質が考えられています。A
GAの症状が起きている部位はDHTの濃度が高くなっており、ヘアサイクルを短くする原因物質と考えられているのです。
ちなみにDHTは男性ホルモンのバランスが変化することで発生すると考えられています。

薬によるAGA治療は、このDHTの抑制が主眼となっています。
また、運動や食事などによってDHTを下げることもできます。詳しくは次のページで説明しています。

 
評判の植毛クリニック口コミ集